RSS ヘッドライン

2006年07月22日

来週の金曜日(多分、ファミ通あわせ?)で情報が公開されると思われる「お姉チャンバラX」。

主人公となるキャラクターを初めてきちんと見たのですが、ヘソピアスしてるんですね(;つД`)

個人的な問題で読者の皆様にはまったく関係のないことなのですが、わたし、ピアスダメなんですよ(;つД`)
もちろん普通に耳にピアスしてるのを見るのもダメだったりします(笑)

というか、体に傷(大げさ?)をいれるのがダメだったりします(´▽`*)アハハ

なんか見ていて痛々しいんですよ(;つД`)

「こんなどうでもいいことで、やる気なくすの?」ってツッコミをもらいそうですが、わたしにはかなり大きいことだったりします。

ただ、過去にプレイしてめちゃくちゃ楽しんだゲームでもピアスをしているキャラは沢山いるので、なんとも言えなかったりしますΣ(゚Д゚;エーッ!

あと、Z区分は確定だと思うので「デッドライジング」に続くZ区分のタイトルになりそうですね。

もうひとつの残念なことといえば発売日。
しれっと冬に延期してますね・・・(;つД`)


これも情報待ちかなぁヾ(´▽`;)ゝ
Article URL │ Comments(5) 
2006年07月22日


2006年07月21日

ということで、正式に発表された「アイドルマスター」

予想よりも公式サイトに情報がなくてちょっと(´・ω・`)ショボーン

でも、おかげで興味がかなり失せました(笑)

まぁ、公式サイトのせいというよりも、Xbox360版が発表されたあとの知人の言葉にドン引きしたのが一番の原因なんですけどね。

その知人はアーケード版「アイドルマスター」で10万以上つぎ込んでいる(貢いでいる?)プレイヤーでXbox360版の発売日に本体と一緒に買うことを“亜美・真美”というキャラに誓ってました(´▽`*)アハハ

わたしもオタクと呼ばれる属性だと思いますし、気持ちはわからないでもないのですが、正直そこまで踏み込めないよ・・・(;´Д`)ウウッ

相手12歳ですよ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

モー娘。のちっこい二人組み(?)にハマっている人たちと同属性なのかもしれませんが、向こうは3D、こっちは2D。

知人、かわいそうに・・・(;つД`)
Article URL │ Comments(8) 
2006年07月21日


2006年07月20日

たぶん、1日2本は初めてなんじゃないのかΣ(゚Д゚;

別に2本書ける日は書いてもいいのかもなぁと思っていたところ、お詫びをしなければならないことが起こったので、そちらとあわせて本日2本目。

ファミ通.comとGAME Watchで「剣豪ZERO」の体験版のプレゼントキャンペーンが行われています。
わたしはもちろん両方に応募したのですが、GAME Watchで気になる文章を発見!

『また、プレーヤーが有名剣豪を操り、ほかの有名剣豪と戦う「剣豪VS剣豪」システムも実装されている。』

この一文。

この文章から察すると、通常のモードもあり、剣豪対剣豪モードもあるってことですよね。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これならば思う存分「剣豪ZERO」を楽しめそうです。

あとは架空剣豪が作れたら・・・(笑)

オリジナル剣豪のカスタマイズって実装してほしいんですよ。
名前、流派、体格、顔ぐらいでOKです。

まだまだ情報が少ない状態ですが、ちょっとだけ期待したいと思います。

まぁ、あろうがなかろうが買うことにはかわりないんですけどね(´▽`*)アハハ
Article URL │ Comments(0) 
2006年07月20日


(C)AQ INTERACTIVE 2006

ということで、まずはお詫びと訂正を。

本日付のX's Networkの更新で、イベントレポート『「バレットウィッチトーク&プレイ・ライブ」に行ってきました』のvol.2にて、ページ下から3つ目のだぴ犬の発言

そしてプレイが終わった人に感想を聞いていたんだけど、そのプレイヤーが「照準が定めにくい」という発言をしたんだ。
そしたら岳氏が「発売日延期します」と冗談半分で発言したんだ。

正直、洒落にもなりませんよ・・・。

この発言。

実際は、岳氏の発言ではないそうです。
関係者ならび、読者の皆様、本当に申し訳ありませんでした。

ということで

そしてプレイが終わった人に感想を聞いていたんだけど、そのプレイヤーが「照準が定めにくい」という発言をしたんだ。
そしたらインタビューをした開発の人が「発売日延期します」と冗談半分で発言したんだ。

正直、洒落にもなりませんよ・・・。

に訂正させてもらっています。

実は今回の一件、誰に指摘されたかというと・・・

「バレットウィッチ」開発担当責任者、岳氏本人です(笑)

よもやこんな場末のサイトをご覧になってるとは・・・。

わたし肩書きに弱いって言ったじゃないですかぁぁぁ(;つД`)

上記画像のマクスウェルみたいな感じできっと怒ってるんですよ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

本当に申し訳ありませんでしたm(__)m
Article URL │ Comments(12) 
2006年07月20日


2006年07月19日

今日は休みだったので、1日まったりサイトの更新をしていたのですが、よもや「アイドルマスター」をXbox360に持ってくるとは思いませんでした。

ということで、今日の画像は「アイドルマスター」(笑)

アーケード版が稼動開始したときに、ユーザーの金食い虫っぽいという噂があるのだけは知っていましたが、それだけ固定ファンが強いんでしょう。

某編集長のムネタチさん(360SNS ver)が、「噂になっていないタイトル」「Googleで40〜58万件ヒットする」「熱心なファンが多数いる」の3点を挙げて新作タイトルを匂わせていましたが、確実に「アイドルマスター」のことなんでしょうね。

っていうか、マイクロソフト(*^ー゚)b グッジョブ!!

売れる・売れないは置いといて、多種多様なジャンルのゲームを持ってくることはいいことだと思います。

というか、ピンポイントでユーザーを獲得するのがマイクロソフトは好きだなぁとしみじみ(笑)

「アクアゾーン」、「カルドセプトサーガ」、そして「アイドルマスター」

確実に固定ファンがいるタイトルをもってくるのは本当に素晴らしいことだと思います。

ピンポイント爆撃。まさにアメリカですな(´▽`*)アハハ

こんな攻撃ならいくらでも食らいますよヽ(´ー`)ノ


あとは、ファミ通の噂の黒手帳に書いてあるらしい「Xbox360である会社がオリジナルRPGを。原作はファンタジー小説で有名な某作家、発表はゲームショウにて。」というコメント。

国内限定で作家名をあげるとすれば、水野良とか神坂一ぐらいでしょうか。

わたしが知ってる範囲ってだけですけどね(´▽`*)アハハ

このタイトルも作家ファンを直撃すると言う意味ではピンポイントですよね。

とにもかくにも、マイクロソフト(*^ー゚)b グッジョブ!!
Article URL │ Comments(11) 
2006年07月19日


2006年07月18日

今日は体験版の配信が発表された「DOA4」について。

なんでいまさら?っていう感じがするぐらい製品版から間が空いていますが、製品版発売後に開発開始したなら半年ぐらいかかるのはしょうがないのかもしれません。

「DOA4」を体験したことの無い皆様、どれだけNPCが強いか確認してみてください(笑)

きっとコントローラ投げたくなりますよ(´▽`*)アハハ

ちなみにわたしは投げたことありますヽ(´ー`)ノ

慣れれば面白いし、倒したときの快感はすごいんですが、倒せないとイライラします。
ハメ技(?)を見つけて勝ってもうれしくないですが、わたしはそれじゃないと倒せませんでした(;つД`)

ということで、ぜひぜひ遊んでみてください(笑)


さて、昨日書いた「FFXI」続編の話。

続編ってなってますが、新MMORPGのことだと思っていたので特になんとも思わず。

PS3やXbox360、PCで展開しそうなことも前々から田中氏も言ってましたしね(笑)

たぶん、「続編」って言葉を真に受けたどっかのゲーム誌が問い合わせたんだと思います。日本一売れてる雑誌なのは言うまでもありません(笑)

それぐらい貪欲に雑誌を作っているっていう素晴らしい行動なのですが、それぐらい貪欲に作るならもうちょっと記事の内容を正確に・・・(´▽`*)アハハ

「かすみちゃんブルー」の発売日の列を「PS2値下げによる・・・」と報じられたらたまったもんじゃありませんよ!o(`ω´*)o
Article URL │ Comments(8) 
2006年07月18日


2006年07月17日

「FFXI」の続編がXbox360でも発売されると日経ネットで報じられています。
記事はこちら

いちよ、X's Networkのピックアップニュースでも取り上げましたが、正直、「本当かよ?」ってところです(笑)

前々から噂にはなっていましたし、続編(?)はマルチで展開するらしいので、日経ネットの記者もそういう過程で書いたんじゃないかと思っています。

ただ、「FFXI」のダメな部分として、チート行為の乱発というのがあります。

数日に1回しかサーバー上に登場しないレアモンスターを自分のものにした状態で登場させたり、リアル時間で30分ぐらいかかる場所をチートツールを使ってワープしたりと、やりたい放題できるゲームだったりします。

たいてい、そういう行為を行っているのは「業者」と言われる、中国系のプレイヤーがほとんどだったりします。

その業者は、ゲーム内で手に入れたアイテムを実際のお金で販売するという行為して、生活していたりします。

RMTとかRTMとか呼ばれる行為でもちろん「FFXI」でも禁止されているのですが、横行しているのは事実です。

そんな中、素晴らしい記事が!
その記事はこちら

お役人、動くの遅いよ・・・。

しかも自主規制なら「やってます」って言われて終わりだよ・・・。


「FFXI」の続編がでるぐらいまでにはそこら辺の部分をしっかりしてほしいと思います。
Article URL │ Comments(6) 
2006年07月17日


2006年07月16日

「剣豪ZERO」に興味をもちつつ、「剣豪って何?」ということすら知らないことに気づきました(笑)

個人的には剣豪という1個の武士よりも、兵法の方が好きなので、1対1の戦いよりも軍勢対軍勢の方に興味がわいているのも事実です。

そんな状況で、「剣豪ZERO」をプレイしていいのか?

もちろんいいんでしょうが、もうちょっと勉強した方がもっと面白くなるんじゃないかなぁと言うことで、軽く剣豪の勉強をすることに(笑)

剣豪という言葉で思い浮かぶ武将と言えば、柳生雪舟斉や宮本武蔵だったりします。

そんな柳生と宮本武蔵に関わる1冊の本を発見!

隆慶一郎 著:「吉原御免状」

画像は昨年秋に行われた同タイトルの舞台(劇団新感線)のパンフレットの画像っぽいです。

とネタの無い日曜日に無理やりこじつけてみましたが、昨日この本を購入し、今日1日かけてずっと読んでましたヽ(´ー`)ノ

内容は、「宮本武蔵の弟子である二天一流の使い手松永誠一郎が、裏柳生の手から吉原を守る」という話なのです。

やっぱり、隆慶作品は面白いヽ(´ー`)ノ

柳生宗矩や徳川秀忠がどんどん嫌いになっていくのはしょうがないのですが、柳生宗冬は好きになったよ(´▽`*)アハハ
もちろん柳生十兵衛三厳も(笑)

たぶん、「剣豪ZERO」をプレイするときは、柳生十兵衛→宮本武蔵とプレイしていきそうな気がします。

江戸初期ぐらいまでの剣豪がすべて終わったあとに、坂本龍馬や岡田以蔵、堀部安兵衛などの江戸後期の剣豪へとプレイしていくことになると思います。


発売日まで1ヵ月半ありますが、まだまだ剣豪熱はヒートアップしそうです(笑)
Article URL │ Comments(0) 
2006年07月16日


2006年07月15日

行けば Do! Do! Do!

ってことで、Xbox360の新しいキャンペーン「do!do!do!しようぜ」です。

画像はCMの中で一番気に入ってる部分にしてみました。
なんか、すごい楽しさが伝わってくる瞬間だと思います。
というか、楽しみすぎ(笑)
(連休中はTOKIO山口さんの画像を使用していましたが、ジャニーさんが怖いので別画像に差し替えました。ご忠告いただいた皆様、ありがとうございます。)


TVCMを見た感想として、個人的に連続CMの第一弾としてはなかなかいい感じじゃないかなぁと思っています。
第一弾のCMで曲とXbox360という二つだけ覚えてもらえればいいんじゃないかと。

というか、あの曲が頭に残りまくりなのですが・・・(笑)

気がつくと、「パンパン パンッ」と曲にあわせて手拍子していたりしますヽ(´ー`)ノ

まぁ、TOKIOのプロモーションムービーといわれればそれまでですが(´▽`*)アハハ

あとは、第二弾でいかにXbox360色を強くしていくかですね。

この状況を打開できないなら「初代のころから何一つ学んでない」と言われるでしょうし、打開できれば「おっ、MSも学んだな」といわれるでしょう。

ただ、知らない人には単発CMに見れちゃうので、CMの最後にでも画面右下に「つづく」とか書いておいてくれればよかったんじゃないかなぁと思います。

とりあえず、個人的にはCMよりもTOKIOの曲が気に入ってしまいましたヽ(´ー`)ノ

それじゃ、ダメじゃん_| ̄|●
Article URL │ Comments(8) 
2006年07月15日


2006年07月14日

秋葉原で行われた「バレットウィッチ」のイベントに行ってきましたヽ(´ー`)ノ

写真を何点か撮ることができたので、次の休みの日にでもレポートにしようと思っています。

会場に入って、会場内の写真を撮っていると、わたしの名前を呼ぶ人が。

誰かと思ってみると、体験レポートのときにお世話になったキャビアの人でした。
「先日はありがとうございました〜」などと言っていたら、その人の隣にいる人をわたしに紹介してくれました。

「バレットウィッチ」プロデューサー 高橋徹氏でした!

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

心の準備全然できてなかったのですが・・・。

何をしゃべったのか正直覚えていません(笑)
わたしの名刺(X's Networkのやつ)を見て、笑ってたことぐらいしか覚えていません(´▽`*)アハハ

明日になれば気持ちも落ち着いて思い出すかもしれませんので、思い出したらレポートに書きますね。

そして、イベント後「フードシアター」にてお食事。

やっぱりここめちゃくちゃ美味しいヽ(´ー`)ノ

フレンド登録してて、数回ぐらいしか遊んでなかった人が予想以上に身近にいたことが判明しかなりビックリしたりとかなり楽しめました。

そうそう、松井さん(プロゲーマーの人)と話してたのですが、「XboxLive the Party」って生放送だったんですって!\(゚o゚;)/ウヒャー

録画だと思ってましたよ(´▽`*)アハハ



話し変わって、TOKIOを起用したCMムービーが公開されてますね。
この件については明日の日記で書きたいと思います(笑)
Article URL │ Comments(0) 
2006年07月14日




RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/widappy/



アクセスランキング

  • ライブドアブログ