RSS ヘッドライン

2009年05月29日

今日はお酒が入っちゃってるので、X’s Networkの更新はお休み。
土曜日の昼過ぎぐらいまでには更新する予定です。

フロントミッションとかあるのに・・・むぅ(;つД`)

さてさて、「真・三國無双5 Empirs」の進捗なのですが、いつまでたってもどっかの国から登用されることがなく、180年代が終わって190年代になってしまいました。

セーブせずに、何もしないで月だけ日送りしていて194年ぐらいまで4年間ボーっとしてみたのですが、どこからも雇用のお話がなかったので、たぶん、そういうシステムが存在しないんでしょう。

それならば自らどこかに仕官をしよう!ということで、他国の情報を見てみることに。

領土をいっぱい持っている君主は、董卓、孟獲、袁紹、孫権などが台頭しており、シナリオ「黄布の乱」にも関わらず、張角軍の領土は3つだけ。

それなのに、それなのに、張角軍には、諸葛亮、司馬懿、ホウ統、郭嘉、周瑜がいました(笑)

ちょっとまて、魏呉蜀の有名軍師揃い踏みじゃん。

わたしの手元(?)に陸遜がいるから、うん、完璧ヽ(´ー`)ノ

ということで、曹丕、陸遜とともに頭に黄色い布を巻いて、張角軍の武将になりました(笑)

さて、張角様の天下統一を目指して頑張るぞ〜♪
Article URL │ Comments(0) 
2009年05月29日


2009年05月28日

XNEWSの記事で知ったのですが、板垣さんが新会社を設立したみたいですね。
しかも、元Team NINJAのスタッフ20名引き連れて・・・。

板垣氏が退職する際、出した声明みたいなものがあったと思いますが、その時に出てきた噂で、板垣さんと一緒に3ダース以上のスタッフがテクモを退社したって噂がありましたよね。

さすがに36人退職したわけじゃないですが、20人も退職していたとはΣ(゚Д゚;

というか、新会社にいるメンバーがTeam NINJAの主要メンバーのような気がしてならないのは気のせいでしょうか。

XNEWSのコメント欄に記述されていたコメントから抜粋させてもらうと

NINJAGAIDEN2主力スタッフ
Producer&Director 【板垣】
Producer 【岡本】
Director 【松井】
Director 【江原】
Engineerring Leads 小澤 【前田】 【佐々木】
Level Design Lead 角田
Environment Art Lead 中城
Animation Lead 【元佐】
Cinematics Lead 【大西】
Audio Lead 【稲森】

【】新会社メンバー

だそうです。

本当かどうかしりませんが、ほとんどやめてるじゃないかっ!

ここまでメインチームで退職者が目立つと、今のTeam NINJAが気になります。
早矢仕さん、大変なんだろうなぁ・・・。

あとは、正式に新会社の名称が発表されたときに、Xbox360でタイトルを開発していることを明言してもらいたい気がします。

もう、大喜びで迎えますよヽ(´ー`)ノ
Article URL │ Comments(5) 
2009年05月28日



「真・三國無双5 Empires」を語る上でわたしが大前提として置いているのが、エディット武将。プレイ開始した際に真っ先に作成しました。

ただ、思ったより顔のパターンが少なく、格好いいキャラクターしか作れそうにないのが残念でした。
董卓とか孟卓みたいな、めっちゃ微妙なキャラクターを作りたかったのに・・・。

もしかしたら、シークレット扱いで何かをクリアすれば作れるようになるのかなぁ?と思いつつ、「三国志10」などで毎回作っている名前のキャラクターを作成。

いつも作っているキャラクターは自分の分身扱いで、「信長の野望」や「太閤立志伝」なども自分の名前の武将作って、それで戦国を生き抜いて楽しんでいます。
自分だったらこうするという意識が働いてそのほうが楽しめるんですよ。

普通の武将だと、「さすがに関羽は劉備を裏切らないだろぉ」と思ってしまって、固定観念が働いちゃうので・・・。
関羽で劉備を裏切る勇気はないですよ、えぇ(;つД`)

ちなみにMy武将のモーションは最初は周泰のカタナにしていたのですが、全キャラプレイ後、曹丕の攻撃モーションがかなり気に入ってしまったので、曹丕に変更。

ということで、武将を作成して、黄巾の乱をスタート。
最初の在野地は、劉璋がいる成都でした。

在野武将ができるのは各国の依頼をこなしていくぐらいしかないのですが、一緒に依頼をこなした曹丕や陸遜と仲間になりましたヽ(´ー`)ノ

この3人でどっかから仕官の話が来るまで、在野で遊ぶ予定です。
が、そもそも、仕官の話とか来るのかしら?自身で推薦するのはどうも好きじゃないので・・・というか、黄巾の乱の君主なんて、よくて董卓・張角ですからね。
丁原につかえている呂布がかわいそうで、かわいそうで・・・(笑)

まぁ、そんな感じで始まったエディット武将でのシナリオですが、今後も随時、気になるたびに書いていこうと思います。

次は仕官した時かな?
仕官できればの話ですが・・・(笑)
Article URL │ Comments(0) 
2009年05月28日


2009年05月27日

明日発売の「真・三國無双5 Empires」をフラゲして今日からプレイ開始。

細かい点なのですが、全体的に攻撃時の武器の効果音が少し大きくなっていて、武器を振っている感じがするところにビックリしました。

前作と同じ環境でプレイしているはずなのですが、武器を振る効果音が大きくなるだけで、これだけ臨場感が増すんだなぁとしみじみ思っちゃいました。

また、各武将の変更点を実績解除がてらチェックしてみたのですが、各武将の移動スピードや攻撃速度が全体的に上がっているような気がします。
簡単に言うと、典韋や許チョなど図体がでかくて移動速度が遅い武将の移動スピードが結構速くなっているとでもいいますか・・・もちろん張コウなどのスピード武将と比べれば遅いのですが、典韋に関して言うのであれば、移動速度や攻撃モーションがかなり改善されていて、遅すぎて使えなかったぜぇって思っていた人にはかなり朗報だと思います。
というか、呂布がさらに化け物に・・・(笑)

さて、武器が変更された6武将(張コウ、曹丕、太史慈、凌統、月英、馬超)なのですが、「真・三國無双5 Special」を遊んでいない身としては、すごい新鮮なものがありました。

曹丕の長剣が格好良すぎる(*´д`*)ハァハァ
張コウの鉄鉤にホッとする。

ただ、月英の刃弩の素晴らしさほどじゃないですが。
やばい、本当にヤバいです。月英よすぎる(笑)

そして、馬超の大剣。
やっぱりかなり違和感があります(;つД`)
なぜ槍から変更してしまったのか気になりますが、まぁ、そのうち慣れるんじゃないかと思っています。

そうそう、新武将の孟獲なのですが、かなり面白いキャラに育ってます。
攻撃モーションも無双技も見ていて笑ってしまうようなものなので、ぜひ一度使用してみてください。キノコ武器にせんでも・・・(笑)

最後に処理オチなのですが、全キャラで確認してみたのですが、すごいことに処理オチ皆無です。まったく気になりませんでした。
といっても、最初の敵が少ないステージ(しかも討伐戦)でしか確認していないので、敵が増えればどうなるかは分からないのですが、拠点を落とすレベルだったら処理オチは全く気にならないと思います。

ということで、【プレイヤーキャラ「○○」で戦闘に勝利】の実績を全部解除(笑)

さぁ、これで心おきなくエディット武将で戦えるぞヽ(´ー`)ノ

合言葉は勿論これ!

劉禅様の天下をこの手に!


Article URL │ Comments(4) 
2009年05月27日



今日は夕方には自宅に戻ることができた為、17時ぐらいから「コール・オブ・デューティ4」のマイルハイクラブの実績解除を目指して、ベテランでスタート。

と、思ったのですが、ベテランで1分しか時間がないということは、1ミッションあたりそんなに時間がかからないんじゃない?と思って、イージーでプレイしてみることに。

余裕っち〜♪

ほうほう、ここはこうなってるのね。
ということは・・・みたいなことを考えながら、次難易度ノーマルにチャレンジ。

余裕っち〜♪

敵が強くなってはいるものの、まだまだ数発ダメージを受けても大丈夫なだけで、敵の配置を頭に叩き込むためにプレイしてみました。
自分の中で敵の位置が頭に入ったことを書くインして、次難易度ハードにチャレンジ。

おりょ?1回でクリアできちゃった。

なんだぁ、これならベテランも楽勝じゃん♪と思って、調子に乗って次難易度ベテランにチャレンジ。

何この難易度さ(;つД`)

ちょっと失敗しただけで即死させられる難易度・・・ベテランとハードに越えられない壁があるんじゃないか?と思うぐらい明らかに敵の攻撃の被弾率が違う。

しかし、イージーから培ってきたノウハウがこちとらにはあるんじゃぁぁぁ、という感じで繰り返すこと10分。

2階までいけたぁぁぁヽ(´ー`)ノ
でも、フラッシュグレネード投げたら飛行機が爆発したよ(;つД`)

そして、その後も何度も何度も繰り返し、17時半過ぎ。

「いやぁ、ガッツポーズってきっとこの為に生れたんだよ」

と言えるぐらい、心の奥底からのガッツポーズをしているわたしが誕生しました。

もう時間がなかったので、最後フラッシュグレネード投げて突撃しましたよ(´▽`*)アハハ

クリア後、余韻に浸る状況で、攻略サイトや動画を見てみたのですが、

なんだみんな特攻するんじゃん(笑)

と、後から気付く始末。
これで、やっと360mk2広大さんから誘われているオンライン対戦に挑むことができそうです(笑)

まぁ、その前に「真・三國無双5 Empires」をプレイしよっとヽ(´ー`)ノ
Article URL │ Comments(13) 
2009年05月27日


2009年05月26日

先週日曜日に体調を崩し、月曜日の夕方から発熱・・・という、いつものパターンに陥りまして、昨日はお仕事をお休み。
今はやりのインフルエンザとかでないのが唯一の救いです。

医者が言うには、体を起こしているのがダメなので、布団で横になっている分には漫画でもゲームでもOKとのこと。
なにかに体を持たれかけさせていればいいそうです。

ゲームがOKなら、「コール・オブ・デューティ4」をプレイしようと思い、昨日頑張った結果、Act3まで終わり、残りはマイルハイクラブのみとなりました。

わたしが萎えてあきらめかけたステージはこちらっ(笑)

【セーフハウス】
倒しても倒してもわいてくる敵。最初の制圧拠点前で、窓に隠れたスナイパーに何度殺されたことか。
地味に戦ってたら左から戦車が来て殺されるの繰り返し。
ってか、教会の上にジャベリンがあるっていっても、教会制圧すらままならないのですが・・・。

【ワンショットワンキル】
スナイパーショット後、逃げ回るところで何度も死ぬ。
ってか、奥のところまでいけないよ!遮蔽物に身を隠してても殺されまくりましたよ。マクミリアン大尉がせん滅するのを、ぶっちゃけ、めっちゃ手前でまってました。んで、その後は猛ダッシュ、特攻(笑)
あと、最後の観覧車。敵が襲ってこないポイントがあることに気付くのに1時間ぐらい繰り返し死んでました。ヘリがどれだけ待ち遠しかったか・・・。

【炎熱】
農場からヘリに逃げ込む最後のシーンで、空爆を要請できるとしても、敵の攻撃で何度も死ぬし・・・なんとか残り1秒で到着しました。
そもそも、飛行機来るの遅すぎるよ(笑)

【司令室では静粛に!】
はいこれ。今のところ思い出したくもないミッションです。
ちなみにここだけをクリアするのに5時間以上かかりました。
というか、チェックポイントがあれど、きめられた時間以内にチェックポイントまでたどり着けなければチェックポイントが発動しないわけで・・・。
一番時間がかかったのが、コントロールルーム前の十字路ではなく、そこの前の階段を下りたところからのやつでこれが3時間ぐらいかかってます。

ただ、「COD2」と違って、現代戦であること、制圧戦が少なかったことで楽しく遊ぶことができました。
現代戦だと、なんか怖くないんですよね。「ベガス2」とかが怖くないのと一緒かも(違)

ちなみに【マイルハイクラブ】なのですが、これからがんばるわけですが、たぶん、無理なんじゃないかと。
どう頑張っても時間経過時に2階に到達するかしないかですよ!
フラッシュグレネードも途中で切れるし・・・もっと精進しないと。
Article URL │ Comments(0) 
2009年05月26日


2009年05月25日

昨日22時ぐらいに無事19秒98の記録をトレーニングで出し、ベテランでストーリーをスタートさせたわけでが、まだAct.1ということもあり、敵の弾やグレネードもそんなにとんでこず、さくさく進めております。

現在、Act.1の「空からの死」まで終わらせたわけですが、ここまでで正直、ウザいと思った箇所が2か所あります。

それは「実績: 見る価値のないTV番組」と、「狩られしもの:上空に飛んでるヘリコプター」の2つ。

最初の「実績: 見る価値のないTV番組」に関しては、テレビ局で銃撃戦をしつつ、敵の親玉(?)が映っているテレビをすべてつぶす・・・というやつなのですが、

これ、つぶす意味あるの?
別に映っててもいいじゃん。見る価値がなければ見なければいいだけ。

という、ゲームそのものを否定しかねない感情が出てきてしまったのですが、無事解除。
また、攻略サイトなどで屈指の難易度とされている“TV局内大部屋”の掃討戦はまったく苦にならず、敵兵がわくところにグレネード投げて安全地帯につっんで、2分放置で無敵の味方が掃討してくれました。
ぶっちゃけ、“TV局内大部屋”に戻って、敵の親玉が映っているテレビをつぶすのが面倒でした(笑)

「狩られしもの:上空に飛んでるヘリコプター」に関しては、スティンガーのある部屋に行く手前の掃討戦に骨が折れました。
ちょっとでも見晴らしのいいところにでると、上空からヘリコプターのマシンガンで死亡・・・これを何回繰り返したことか(;つД`)

何度もやり直していたら、閃光弾の存在を思い出したので、スティンガーのある部屋から敵がわらわらと出てくる瞬間を狙って閃光弾投入。
ピヨってるときにマシンガンとグレネードで殺害。
あとは無敵の味方に掃討を任せて、ヘリに殺されないようにしていれば終わりました。

最後のスティンガーをぶっぱなしてヘリを墜落させるところに関しても、なぜか1発目のスティンガーの攻撃が外れてしまい、弾補充ができず死んでやり直す・・・ということを繰り返していましたが、途中でスティンガーがあった場所に振り返ってみたら新しいスティンガーが置かれていることに気付きました。

気づくの遅くて何度、無駄な死を経験したことか・・・(笑)

2発目は無事にヘリコプターに当たり、クリアとなりました。

その後、別の攻略サイトを見ていたら、1発目は必ず外れる仕様とのことでした。
んなの気づくかいな(´・ω・`)
Article URL │ Comments(11) 
2009年05月25日



「ゾイドオルタナティブ」クリアの後、お昼寝、晩ご飯を食べた後、「コール・オブ・デューティ4」をスタートしました。

そして、プロローグ&一番最初のトレーニングでつまずく(;つД`)

トレーニングの模擬戦でどれだけ早くクリアできるかでオススメ難易度が決定されるのですが、オススメ難易度をベテランにしてもらうには、模擬戦を20秒以内でクリアしないといけないそうなのです。

最初のプレイでかかった時間・・・タイムオーバー(笑)

何を倒していいかわからず、何をしたらいいかわからず、うろちょろしてたらタイムオーバーになりましたよ。

その後、何度か繰り返すうちに何をやればクリアできるかが判明し、最初にクリアした時のオススメ難易度はイージー。

まぁ、当然です(´・ω・`)

その後、攻略サイトを見ながら何回か繰り返し23秒という最速記録を1度叩き出すものの、平均は26秒前後。

どうやって6秒も縮めるんだぁぁぁぁ!

と思っていたのですが、「そうだ!動画とかアップされてるんじゃない?」と気づいて探してみたら、ニコニコ動画内に13秒でクリアする動画を発見!

これの真似をすればわたしの腕でも20秒きれるんじゃないかなぁ?

と思って、そこからさらに腕を磨くこと数回。

19秒98でクリアできました。
まさにギリギリ(笑)

この練習に費やした時間は約1時間。

先が思いやられます(´▽`*)アハハ
Article URL │ Comments(0) 
2009年05月25日


2009年05月24日

1周目をクリアして、裏ボスを倒すために2周目を本日からプレイ開始。

お昼ぐらいからプレイを始めたのですが、夕方には2周目も無事クリアし、裏ボスも全部撃破。

ということで、実績1000点ゲット!ヽ(´ー`)ノ

それにしても、2周目はサクサク進めることができるので、かなり細かい部分まで確認して遊ぶことができました。

1周目は敵が強い&敵になれていないこともあり、マップの隅にあるコンテナ破壊までできなかったので、今回はそれも全て破壊することができてよかったです。

さて、次に遊ぼうと思っているタイトルが5月28日発売の「真・三國無双5 Empires」。

まだ4日以上あるので、合間をつなぐ意味でも「コール・オブ・デューティ4」のベテランクリアを目指して行こうと思います。
もしくは「オトメディウス」クリアを。

といっても、「ゾイドオルタナティブ」が無事終わったので、まずは休憩して体力を回復するのが先決なんですけどね(笑)
Article URL │ Comments(0) 
2009年05月24日



今日はマイクロソフトで行われた「Xbox LIVE マルチプレイ体験会 みんなでレッツプレイ」に参加してきました。
ファミ通.comが記事にしています。

オンライン対戦をみんなで楽しもう!ということで、「H.A.W.X(ホークス)」、「エクストリーム・レーシング -PURE-」、「バイオニック コマンドー」の3本が遊べる体験会でした。

基本的に各タイトルごとにどんなタイトルなのかの説明があった後、メディアのトーナメント、ユーザーのトーナメントを交互に行うスタンスでした。

わたしが参加したのは、「エクストリーム・レーシング -PURE-」と「バイオニック コマンドー」の2本。

両タイトルとも初プレイにもかかわらず、「エクストリーム・レーシング -PURE-」は予選B組をトップ通過という素晴らしい記録を達成ヽ(´ー`)ノ

ユーザーの中で唯一(?)、レース中に「遊んでみてどうですか?」とMSの巽さん聞かれたのですが、めっちゃ集中してたので、まともな受け答えができなかったのが悔やまれます。巽さん、マジすいません(;つД`)

ちなみに決勝戦は、予選でハマってしまったATVのトリック技に夢中になっていたため、16台中14位でした(笑)
ちなみに15位は森一丁さんでした。

そうそう、体験版が5月25日に配信されるそうなので、ぜひ遊んでみてください。
完全なダークホースタイトルですよ。面白かったですヽ(´ー`)ノ


さて、次の「バイオニック コマンドー」に関しては、大会うんぬんよりも、プロデューサーのベンジャッド氏に触れたい。

外国から来て、関西で日本語を覚えたエセ外人・・・といっても過言じゃないぐらい、日本語がうまく、アクセントが関西弁でした(笑)

タイトル説明もスピーチも笑いもほぼ完ぺきという素晴らしい人でした。

しかもすごい気さくな人で、練習で遊んでいたら後ろで操作方法を教えてくれました。後ろから話しかけられていたのですが、日本語がうますぎて日本人だと思って背中ごしに説明を聞いていたのですが、ふと後ろを向いたら金髪の外人さんがしゃべっていてビックリしたのはここだけの秘密(笑)

ちなみに「バイオニック コマンドー」はワイヤーアクションに慣れるまでが大変ですが、慣れるとスピード感あふれるアクションを楽しむことができ、TPSユーザーだけでなく、アクション好きにも楽しめる出来になっていました。
「ロストプラネット」みたいな巨大な敵も出てくるそうですよ。

イベント全体を通しても、各タイトルごとに関係者が来ており、タイトルの説明、トーナメントともきちんと行われており、すごい楽しめました。


さて、夕方からは同じくマイクロソフトで行われた「XNA ユーザー ラウンドテーブル」に参加してきました。
これは、“XNA Game Studio と、Xbox LIVE コミュニティー ゲームの意見交換”を目的とし、日本でXNAを使用して開発を行っている先行開発者を中心とした一部の方々が参加した意見交換会でした。

X’s Networkとして、今後、XNAにどうかかわっていくか・・・ということを考えながら参加していたのですが、実際にXNAを使用して開発される方々の熱意がすごい伝わってきて、夏ぐらいから始まるコミュニティー ゲームがスタートしたらどれだけすごいことになるんだ!と期待が膨らむいい意見交換会でした。

まだ具体的に内容を決めてはいないのですが、X’s Networkは、Xbox LIVE コミュニティー ゲームにかかわっていこうと思っています。


最後に、このイベント2本が行われた時間を合計すると約9時間のロングタイムでした。
自宅をでてマイクロソフトまでと、マイクロソフトから自宅までの合計が3時間なので、マイクロソフトのイベント二つの為に、12時間使用(笑)

1日の大半(というか、ほぼ1日)をマイクロソフトに費やした1日でした。
Article URL │ Comments(2) 
2009年05月24日




RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/widappy/



アクセスランキング

  • ライブドアブログ