2003年12月11日
う〜ん、常識では考えられないニュースなのですが、

車のゲームに熱中して、実際の車を運転してみたくなり、学校の帰宅途中に車を盗んで、運転。そして玉突き事故。
詳しくはコチラ(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20031209i213.htm)

【その子供の取調べ中の発言】
「ゲームセンターでレースゲームに夢中になり、本物のクルマを一度運転したいと思っていた」
「ゲームではブレーキを踏んだら負けてしまう。だから本物でもブレーキは一度も踏まなかった」
「カーブはドリフトでクリアしようと思っていた」

いや…もう…なにもいえないよ(つД`)
実際の運転とゲーム内での運転が一緒になってる(((( ;゚Д゚)))

ゲーム技術がどんどん発展していって、今はすごいきれいな画像でゲームができるようになっちゃったから、ゲーム内の画面と実際の目に映る画像が一緒になってしまうのかなぁ…


そういえば11月の半ばぐらいだったと思うのですが、

プロジェクトゴッサムレーシング2があまりにもリアルすぎてオーストラリアで問題視

みたいな事件があった記憶があります。
ゴッサム自体が『スピードをだしまくって壁にぶつかろうが気にしないで1位を目指すゲーム』というゲーム
(まぁ、簡単に言うと、普通のレースゲームw しかも、あくまで私の想像。たぶん実際は違うと思われます。)

今回、ゴッサム2で問題視された部分はゴッサム2にオーストラリアのコースがあって、その中でシドニー通りやオペラハウスがあまりにもリアルに描写されているので、
「リアルとゲームを一緒にしちゃって、実際の道路を爆走して壁にぶつかってドカーン!!という事が起きるのでは?」
といった内容だったと思います。
Xbox責任者は
「他にも同じようなゲームは多くある。だけど(ゴッサムだけが)クレーム付けられるのは公平ではない」
という発言したそうです。

まさにそのとおり、今回はゲーセンのゲームなのでゴッサムは関係なし。

わたしが思うに、「あまりにも早いスピードで進化した技術に人の思想が追いつかなかった。」という感じかな。

なんかすごい悲しいけど…(つД`)



同じゲーマとして、気持ちはわかるような気がするけど、妄想でやめておくようにしないとね♪
というか、実際にやる勇気ないよ、ママン(つД`)




Amazon ランキング
最新記事一覧

この記事にコメントする
名前
  情報を記憶
 
 

人気記事ランキング

RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/widappy/



アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ

プロフィール

疲れMAX
(´・ω・`)

【管理人】

わいだっぴ

アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード