2010年10月15日

エレクトロニックアーツから10月21日に発売されるXbox360/PS3「メダル オブ オナー」のブロガー限定先行体験会に行ってきました。
(情報元:「メダル オブ オナー」公式サイト

vol.3はマルチプレイについて。
体験会では遊んでいないので、資料を踏まえた紹介になります。


マルチプレイモードを開発するのは「バトルフィールド」シリーズを手掛けるDICE。
最大24人で対戦でき、5種類のマルチプレイモードを楽しむことができます。

5つのモードを紹介すると、

【COMBAT MISSION】
連合軍が5つの連続した目的を達成する事で勝利。武装勢力は、連合軍を阻止。目標をクリアするとマップ上の新しいエリアがアンロックされ、連合軍には次の目標が示される。攻守はラウンドごとに交代するので、どちらのチームも攻撃側になることができる。現在の目標をクリアする前にチーム体力メーターが無くなると連合軍の敗退でマッチは終了。

【OBJECTIVE RAID】
武装勢力が制限時間内に2つの目標を破壊するために殺到。連合軍側は武装勢力を阻止し、施設の防衛が目的となる。時間内に、目標が破壊されたら武装勢力の勝利、連合軍側が目標を守りきったら連合軍の勝利となる。

【TEAM ASSAULT】
指定エリア内で20人対抗の無制限バトル。敵を倒すとポイントを獲得する。チームで行動するか、ソロでポイント稼ぎを狙うかは自由。2つのチームに分かれて、先に所定のポイントに到達したチームが勝利。キルはすべてカウントされ、チームのポイントとなる。

【SECTOR CONTROL】
フラッグで表示される3つの目標を2つの陣営が奪い合う。目標確保中は、常時スコアが蓄積され、より多くの目標を確保すれば短時間でポイントを累積できる。目標争奪を繰り返し、先に所定のスコアに到達したチームが勝者となる。

【HARDCORE】
ミニマップ表示無し、武器のダメージ上昇などリアリティを追求した設定で4つの各モードをプレイできる、上級者向けのモード。

上記5つのモードを楽しむことができます。


フィールドはアフガニスタンの各エリア。
マルチプレイに最適なポイントを切りだし、マルチプレイ専用のマップをデザインしているそうです。マップ数は8種類。


連合軍と武装勢力に別れ、チーム戦を行うわけですが、3タイプのクラスが用意されていて、一定のポイントを達成し、レベルアップすることで、使用できる武器のパーツが解除されていきます。
ここらへんは「バトルフィールド」と同じなのでわかりやすいと思います。

ということで、3タイプのクラスと、レベル3までの武器パーツを紹介。
資料にはレベル15まで載ってるんですけどね。

【ライフルマン】
攻撃の中心となる基本の戦闘クラス。アサルトライフルや機関銃、スモークグレネードなどを装備する。
 Lv.1 アサルトライフル
 Lv.2 予備マガジン
 Lv.3 レッドドットスコープ

【スペックオプス】
近接戦闘のスペシャリスト。サブマシンガンやショットガン、ロケットランチャーを携行。
 Lv.1 カービンライフル
 Lv.2 予備マガジン
 Lv.3 レッドドットスコープ

【スナイパー】
後方から遠距離射撃を行う。スナイパーライフルの使用の他に、爆薬設置や起爆も行う。バトルライフルの装備もでき、より柔軟な対応が可能。
 Lv.1 バトルライフル
 Lv.2 予備マガジン
 Lv.3 スコープサイト

上記3タイプのクラスで戦うことができます。

わたしはロケットランチャーを携行しているスペックオプス一択なんですけどね。
ロケランぶっ放して、戦車やヘリを爆破するのが大好きです。

といったところで、vol.3のマルチプレイモードの紹介は終わり。
vol.4は体験後に行われた質疑応答です。






メダル オブ オナー
メダル オブ オナー
posted with amazlet at 10.10.15
エレクトロニック・アーツ (2010-10-21)
売り上げランキング: 88


メダル オブ オナー
メダル オブ オナー
posted with amazlet at 10.10.15
エレクトロニック・アーツ (2010-10-21)
売り上げランキング: 73






Amazon ランキング
最新記事一覧

この記事にコメントする
名前
  情報を記憶
 
 

人気記事ランキング

RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/widappy/



アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ

プロフィール

本格的な
夏の暑さに
苦しむ日

【管理人】

わいだっぴ

アーカイブ
逆アクセスランキング
最新コメント
QRコード
QRコード