2011年02月13日

コーエーテクモから3月24日に発売が予定されている3DS「DEAD OR ALIVE Dimensions」のロケーションテストに参加した北米の「DOA」世界大会優勝経験者の観光ムービーがYouTubeで公開されています。また、ゲーム本編では3D写真が撮影できることが判明しました。
(情報元:「DEAD OR ALIVE Dimensions」ティザーサイト

ということで、まずは北米の「DOA」世界大会優勝経験者の観光ムービーから。


コーエーテクモのお金で日本に来て、あちこち観光したよという内容のムービーになっていますが、ここで注目したいのが、

外部モニタ出力

されていること。

開発機での接続だとは思うのですが、3DSが外部モニタ出力に対応していればいいなぁと思っちゃいました。

また、ファミ通.comの記事によると、

3D写真の撮影可能

なんだそうです。

ゲーム中で獲得したキャラクターのフィギュアを3D写真として観賞できる他、1000体ものフィギュアと背景を自由に組み合わせて、3D写真が撮影できるんだそうです。




もちろん撮影した写真はアルバム保存できて、後から観賞することも可能になっています。




DEAD OR ALIVE Dimensions(デッド オア アライブ ディメンションズ)
コーエーテクモゲームス (2011-03-24)
売り上げランキング: 382







この記事にコメントする
名前
  情報を記憶
 
 

人気記事ランキング

最新記事
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/widappy/



アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ

プロフィール

忙しすぎて
てんやわんや

【管理人】

わいだっぴ

アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード