2018年08月15日

バンダイナムコエンターテインメントから2018年にPS4向けタイトルとしてPS4『11-11(イレブン イレブン) Memories Retold』が発売されることが発表され、公式サイトが公開されました。また、第1弾トレーラーも公開されました。
(情報元:『11-11(イレブン イレブン) Memories Retold』公式サイト

リリースを引用すると、
【ダウンロード専売】PlayStation 4/Steam「11-11 (イレブン イレブン) Memories Retold」2018年発売決定!第 1 弾トレーラー公開!
油絵テイストの独特なグラフィック。繊細なタッチで描き出す、第一次大戦当時の世界。


株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、【ダウンロード専売】PlayStation 4(以下 PS4 )/Steam「11-11(イレブン イレブン) Memories Retold(メモリーズ リトールド)」を 2018年に発売することをお知らせいたします。


■【ダウンロード専売】PlayStation 4(以下 PS4 )/Steam「11-11 (イレブン イレブン) Memories Retold」2018年発売決定!

油絵テイストの独特なグラフィックが印象的な追体験型アドベンチャーゲームです。国籍の違う 2 人の主人公の視点から、第一次世界大戦を舞台に、海外映画のように展開される繊細なストーリー。欧州では大変重要な日のひとつとされる、終戦記念日『11月11日』をテーマに、戦争の現実や人の「愛」と「絆の力」を描きます。
クレイアニメを中心としたアニメーション映画スタジオの「Aardman(アードマン)」と、ゲーム制作者として著名なYoan Fanise(ヨアン・ファニーズ)氏が開発に参加する「DIGIXART(デジックスアート)」のタッグでおくる、第一次世界大戦終結100周年記念作品です。

さらに、大人気映画『ロード・オブ・ザ・リング』の主演を務めた「Elijah Wood(イライジャ・ウッド)」氏を主人公のキャラクターボイスに抜擢した、見所があふれる作品となっております。


■第1弾トレーラー公開!

本日8月9日(木)、公式HPにて、本作の第1弾トレーラーを公開いたしました。
第一次世界大戦の激戦地となった、ベルギーのフランダース平原。激しい戦闘の末、抉られた大地の一面に、一斉に咲きだしたポピーの花たち。その儚くも美しい姿にインスピレーションを受けたカナダ人「ジョン・マクレイ」が綴った「フランダースの野に」の詩に合わせて、本作の世界観を紹介しています。戦没者たちを追憶するかのように、ゆっくりと流れていく油絵テイストの独特なグラフィックを、ぜひお楽しみください。

●映像はこちら:
https://www.youtube.com/watch?v=y3wCXMULAEM


■『ひつじのショーン』、『ウォレスとグルミッド』などでお馴染み!クレイアニメを中心としたアニメーション映画スタジオ「Aardman」がゲーム市場に本格参入!!

ストップモーションを使ったクレイ・アニメーション映画でアカデミー賞をはじめとする賞を多数受賞し、『ひつじのショーン』、『ウォレスとグルミッド』、『チキンラン』でお馴染みのアニメーション映画スタジオ「Aardman」が本作のグラフィックとゲーム開発を務めます。また、ゲーム制作者として著名なYoan Fanise氏が開発に参加する「DIGIXART」がゲームシステム開発を担当する、注目のタッグとなっております。


■油絵テイストのアートと、大戦当時の流行曲を再現したオーケストラ演奏が世界観を演出!

アニメーション映画スタジオ「Aardman」が描き出す油絵のような独特なグラフィックは、本作の最大の魅力のひとつとなっております。主人公たちの物語を追体験するうちに、徐々にこの不思議な世界観の中に惹き込まれていくことでしょう。
また、数々の人気ゲームの作曲を手掛けるOlivier Deriviere(オリビエ・ドリビエール)氏がゲーム音楽を担当しております。ロンドンフィルオーケストラやイギリスの合唱団による臨場感のある生演奏で、当時のリアルな舞台を拘り深く再現しております。


■「11-11 (イレブン イレブン)」とは?

−運命的に出逢う2人の、言語や人種の壁を超えた絆の物語−

海外映画のような繊細に紡がれるストーリーを、2人の登場人物の視点で追体験するノンフィクションテイストのアドベンチャーゲームです。銃弾が飛び交う悲惨な戦場や、疲弊した兵士たちがひしめく塹壕など、戦争当時のリアルなシーンを懸命に潜り抜け、プレイヤーはストーリーを進めていきます。
物語の舞台は、第一次世界大戦直下の欧州。1916年11月11日。カナダを出身国とするカメラマンとドイツを出身国とする技師が、それぞれの想いを胸に戦場へと向います。敵対する2人は出逢い、戦争の現実に衝突。彼らは戦場で、怒り、憎しみ、哀しみに触れ、それぞれが迷い、葛藤を繰り返します。そして2年後の1918年11月11日午前11時。第一次世界大戦の最終日に、彼らは最大の選択に迫られることになるのです……。
というタイトル。

ということで、第1弾トレーラーをご紹介。

第1弾トレーラー






Amazon ランキング
最新記事一覧

この記事にコメントする
名前
  情報を記憶
 
 

人気記事ランキング

RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/widappy/



アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ

プロフィール

ストーブリーグ
開幕!

【管理人】

わいだっぴ

アーカイブ
逆アクセスランキング
最新コメント
QRコード
QRコード