2019年01月07日

コーラス・ワールドワイドから発売されているSwitch『バートラム・フィドルの冒険 エピソード2:惨々たる誤算』のプロモーションムービーが公開されました。
(情報元:『バートラム・フィドルの冒険 エピソード2:惨々たる誤算』公式サイト

ゲーム概要を引用すると、
謎!ハト!ダジャレ!

バートラム・フィドルと共にヴィクトリア朝ロンドンの深層部を旅しましょう。秘密の通路を探索し、隠されたアイテムを見つけ出し、怪しいキャラクター達と出会い、頭も心も迷わせる謎を解き、そして、これまで以上のダジャレにうんざりしながら、「惨々たる誤算」の謎を解き明かしましょう!


英国流ダークユーモアにひたりながらゲームを楽しもう!

ただしゲームで描かれる歴史の85%は正確ではありません。 「惨々たる誤算」はヴィクトリア朝小説、ハマー・フィルム・プロダクションのホラー作品、モンティパイソンの影響を受けています。そして、文字通り、ブレグジット前のイギリスのユーモアに溢れています。「バートラム・フィドルの冒険 エピソード1」から始まったこのストーリーは今回で完結となりますが、それぞれ単体でも遊ぶことができます。約60のシーン、ジャズ風の独特なサウンドトラック、そしてフルボイスのキャラクター達が登場するこのアドベンチャーゲームは、歴史的な作品と言っても過言ではないでしょう!


前作より2年、殺人鬼ジェフを追う冒険を完結させよう!

ヴィクトリア朝ロンドンを舞台にしたコメディタッチの殺人事件推理アドベンチャーを、一度はプレイしてみましょう! バートラム・フィドルが長い長い時を経て戻って来ました!バートラムは残念ながら満足のいく探検旅行の機会がなかったため(奥さんの命令で)現在はダルズワース氏の石鹸工場で働いています…。が、そのままであるわけがなく、騒がしい冒険が再び始まります。


アニメーション会社が制作したアドベンチャーゲーム!

「バートラム・フィドルの冒険」はブリストルの中心部にある素晴らしいアニメーションスタジオ、Rumpus Animationによって制作されました。Rumpusの創設者の一人であるSeb Burnettがストーリーとゲームデザインを担当しています。Sebは彼が持っている大きなトランペットを吹くことが嫌いなくらい、内気で遠慮深い天才です。トレードマークの特徴ある鼻を持ったキャラクターをフィーチャーした、Usborne出版のステッカーブックで良く知られています!
というタイトル。

ということで、プロモーションムービーをご紹介。

プロモーションムービー


これだけで終わるのもなんなので、スクリーンショットもご紹介。

01
02
03
04
05
06






Amazon ランキング
最新記事一覧

この記事にコメントする
名前
  情報を記憶
 
 

人気記事ランキング

RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/widappy/



アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ

プロフィール

阪神
がんばれ!

【管理人】

わいだっぴ

アーカイブ
逆アクセスランキング
最新コメント
QRコード
QRコード