2019年09月12日

コーエーテクモゲームスから発売が予定されているPS4『仁王2』の発売時期が2020年初頭に決定し、公式サイトが公開されました。また、TGS2019トレーラーも公開されました。
(情報元:『仁王2』公式サイト

リリースを引用すると、
闇を切り裂く侍か 闇を纏いし妖か 『仁王2』

概要


ワールドワイドで275万超のセールスを記録するダーク戦国アクションRPG『仁王』。

その続編となる『仁王2』が、ついに2020 年初頭全世界で同時期発売することが決定。

世界中のプレイヤーから好評を得た「ハードな侍アクション」「ハクスラ」「戦国武将たちと紡ぐ重厚なオリジナルストーリー」はもちろん、新たなバトルを生み出す「妖怪化」、不気味な姿形で襲いかかる邪悪な妖怪たちと彼らが生み出す「常闇」の世界など多くの新要素を加え、手応えや達成感はさらなる高みへ。

「戦国死にゲー」として正当進化した本作にご期待ください。


イントロダクション

時は1555年、徳川家康により天下統一が成される幾らか前の時代。

人と妖怪の間に生まれた主人公は、美濃の国で暮らしながら、妖怪退治や傭兵に明け暮れていた。

ある日、主人公は凶暴な妖怪を討ち果たすも、その過程で自身の妖怪としての力も暴走してしまう。

そこへ駆けつけ、主人公の暴走を止めたのは“霊石”を売り歩く商人、藤吉郎。

二人が戦国時代を“仁王”の如く駆け上がる、「秀吉」の物語の幕開けであった―

かつて伝馬や役牛の供給で栄えた美濃の十三桜(じゅうさんざくら)の村も戦乱の渦から逃れられず、荒廃した寒村には、いつしかあやかしが徘徊し始めた。春には桜が咲き乱れ、往来する人々の目を楽しませたが、今や桜を愛でるのは物言わぬ死人のみである。


セールスポイント

<戦国×妖怪×死にゲー>

前作のコンセプト「戦国死にゲー」に加え「妖怪」のエッセンスをさらに強化。「半妖」である主人公となり、「侍」と「妖怪」の2つの力を使い妖怪が跋扈する戦国乱世で戦います。

さらに、戦国時代の世界である「現世(うつしよ)」に妖怪が生み出す「常闇(とこやみ)」が出現。

「常闇」は妖怪の気力を回復させ、逆に人間の気力回復を鈍らせるエリアとなり、「半妖」である主人公の戦い方の選択肢を増やし、より多くの攻略法を生み出します。

<キャラクタークリエイト>

 多くのお客さまからリクエストをいただいたキャラクタークリエイトに対応。性別にはじまり、顔の輪郭、加齢表現、色表現など、細かく設定することが可能となります。

<オンライン要素の拡充>

協力プレイである「常世同行(とこよどうこう)」は、前作の2人から3名までのマルチプレイが可能。

さらに非同期の協力プレイとなる「義刃塚(ぎじんづか)」を新たに実装し、さまざまなプレイスタイルを提供します。

<俳優起用キャスト>

主人公と行動を共にする「木下藤吉郎」役に竹中直人さん、『仁王2』オリジナルキャラクターである妖怪ハンター「無明(むみょう)」役に波瑠さんを起用。歴史上の戦国武将が多数登場する骨太なドラマもお楽しみください。
とのことで、竹中直人さんや波瑠さんが起用されていることも明らかになっています。

ということで、TGS2019トレーラーをご紹介。

TGS2019トレーラー






Amazon ランキング
最新記事一覧

この記事にコメントする
名前
  情報を記憶
 
 

人気記事ランキング

RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/widappy/



アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ

プロフィール

体力の限界!

【管理人】

わいだっぴ

アーカイブ
逆アクセスランキング
最新コメント
QRコード
QRコード